そばの散歩道特集メニューへ前ページへ次ページへ
特集


中国のそば料理
そばのルーツである、雲南省などの北部地域で、麺、ギョウザやワンタンの皮、まんじゅうなどに用いられてよく食されている。また、そば粉から酒、醤油、酢なども作られているところを見ると、さすがはそばの発祥地である。

また、日本にとって現在、最大の輸入元となっている内蒙古では、我が国と同じような「そば切り的な作り方」をはじめ、様々な調理法により、日々の家庭で食されている。日常的に食されているため、市内の料理店のメニューに「ヘイロ」以外のそば料理はあまり見かけられないが、頼めば作ってくれる店も多く存在するそうだ。






●ヘイロ

ヘイロ
ヘイロ
(上)茹で上げた麺(中)上下を盛り付けた完成品(下)具材入りスープ
(写真提供:柴田書店

内蒙古風の押し出しそばで、代表的な家庭料理。ヘイロと呼ばれる機具を用いて、練ったそば粉をうどん程の太さに押し出し、茹でた麺に具入りのスープをかけて食べる。スープ、具材は家庭により異なり、内蒙古のおふくろの味ともいえる料理。




● モルンチフ

モルンチフ
モルンチフ
(写真提供:柴田書店

モルンは猫、チフは耳の意。その名のとおり練ったそばを小さくちぎり、猫の耳ほどの大きさに伸ばして茹で、これに具入りのスープをかけて食べる。独身者好みの料理。

-9-
特集メニューへ 特集メニューへ 前ージへ 前ページへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会