麺類雑学辞典
space
space
そば湯
space
space

もりそば(蒸篭でもざるでもいいが)食べた後、余った汁にそば湯をさして飲み、そばの余韻を楽しむ。そば好きには堪えられないひととき、そばの醍醐味であろう。なにかと「こだわり」を大事にするそばブームのせいか、昨今はそばの食べ方ばかりか、そば湯の飲み方についての講釈も耳にする。

そば湯を飲む風習はまず信州で始まり、江戸時代中期の寛延(1748〜51)の頃、江戸に広まったとされる。寛延は、江戸市中でそば屋の数が目立って増え始めた時期でもある。そばがもてはやされるようになると同時に、そば湯も愛好されるようになったということらしい。

ただ、どうしてそば湯が盛んに飲まれるようになったのか、その理由ははっきりしない。うどんや冷や麦、そうめんの茹で湯は飲まないのに、そばの茹で湯に限り、そば湯と称して賞味する。うどんの場合は、麺中の塩分が溶け出していて塩っぱいから、というだけでは、説得力に欠けるようだ。

そばの茹で湯は栄養価が高いからというのは、もっともな理由ではあるが、これは現代人の感覚である。江戸時代の人々に、そのような知識があったとは考えにくい。

そば湯の普及に先駆けて、元禄10年(1697)刊の『本朝食鑑』が取り上げ、「そばを食べた後にこの湯を飲まないと病にかかる、食べすぎてもこの湯を飲めば害はない」という説を紹介しているが、どうも著者自身は疑問符をつけているような書き方である。『本朝食鑑』以後も、そば湯の薬効について説得力のある説明をしている書物は見当たらないという。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会