麺類雑学辞典


しっぽく
 江戸時代、そばの種もののなかでもっとも早く登場したのが「しっぽく」である。寛延4年(1751)脱稿の『蕎麦全書』によれば、寛延ないしその直前頃の延享(1744〜48年)頃に、日本橋の「近江家」というそば屋が始めている。また、同じ頃、人形町の「万屋」というそば屋もしっぽくを出しているが、これはあまり流行らなかったようである。

 しっぽくとは「卓袱」。元禄(1688〜1704年)頃から長崎で盛んだった和風中華料理の卓袱料理のことである。この卓袱料理のなかに、大盤に盛った線麺(そうめん、またはうどん)の上にいろいろな具をのせたものがあった。これを江戸のそば屋が真似して、そばを台に売り出したのが「しっぽくそば」ということになっている。

 ただ、幕末頃ならともかくこの時代に、開港場という特殊な地域で流行った料理を遠く離れた江戸のそば屋が直接取り入れたというのは、少々無理があるといえなくもない。実際、しっぽく料理そのものは享保(1716〜36年)頃に京都に移植され、それが大坂をはじめとする畿内に広まったとされている。そして、京・大坂はいうまでもなく、うどん文化圏だ。とすれば、まず京坂のうどん屋がいち早くしっぽくうどんを売り出し、それが江戸に伝わってそばの種ものになったと考えるの が自然のようである。

-1-


麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会